2017.09.03 Sunday 14:50

若宮喜一、参上!

ゲストハウス若葉屋は8月21日から「育休」に入りました。

第二子出産予定日の8月24日に、第一子、幸太郎が骨折。

空気を読んだのか、予定日を6日過ぎた2017年8月30日、ついに、第二子が生まれました。

二人目も男の子。

名前は 喜一(きいち) です。

助産院で健やかに生まれてきてくれました。

Guethouse wakabaya entered to the childcare leave on 21st August.

On 24th August, the expected date of our second son’s birth, our first son, Kotaro broke his leg.

Though we’re not sure if the second cared of it or not, he was born six days later of that, on 30th August 2017.

We named him “Ki-ichi (Happy First)”.

 

一方、幸太郎はまだ数週間は骨折のため、保育園はお休み。

おかげで、ことでんとバスを乗り継いで新屋島水族館へ遊びに行ったり、アンパンマントロッコで岡山へ遊びに行ったりと、お父さんとお出かけ三昧です。

それはそれで、よかったね。

On the other hand, Kotaro doesn’t go to the nursery for weeks because of his broken leg.

Thanks to that, now he can have more time with us.

 

今日まで、私や幸太郎も助産院で一緒に寝泊まりしていましたが、今日、退院して、これから家族4人での暮らしが本格的にスタートです。

若葉屋は11月ぐらいまで育休の予定で、はっきりとした再開日などはまだ、未定です。

それまでに、時間が空いたときに、あちこち、若葉屋の改良も進めておくつもりです。

We left the maternity home today and started our new life with two lovely kids.

Maybe we’ll reopen our guesthouse wakabaya in November but not sure the exact date yet.

We’ll improve some parts of the house until that.

 

では、若宮家、ゲストハウス若葉屋のニューフェース、若宮喜一、よろしく!

Ki-ichi, welcome to our family!


2017.08.06 Sunday 21:50

台風vs旅人

台風5号が、四国に向けて接近中です。

普段、天気予報を掲示している若葉屋のホワイトボードも、昨日からは台風情報も一緒に掲示しています。

 

昨日、今日にかけては、「台風で行けそうにないから」という理由でのキャンセルと、「台風が来る前に高松まで出ておきたい」「台風で飛行機が欠航して、高松から出られないだろうから」という理由での当日予約や延泊が入り乱れています。

 

先ほど、高知から車で若葉屋に到着されたお客さん。

聞くと、明日は兵庫へ帰る予定とのこと。

「今なら確実に兵庫へ帰れるけど、明日になったら、鳴門・明石大橋が通行止めになって帰れなくなるかもしれませんよ!」ということで、若葉屋のキャンセルをおすすめ。

急遽、予定を変更して、今日中に兵庫まで帰られることになりました。

 

そう、四国は台風が来ると、本当に、脱出ができなくなります。

既に、明日始発からのJR瀬戸大橋線や四国内の特急列車、直島行きの四国汽船、一部のANA便、Jetstar便などの運休、欠航が発表され始めています。

 

どうぞまた今度、香川へ遊びに来てくださいね。


2017.07.19 Wednesday 18:19

こどもは大きくなりましたか?

上海から、瀬戸内への家族旅行です。

このお父さん(右端)は、2014年12月にも若葉屋に宿泊されています。

(違和感なく馴染んでいますが、中央は幸太郎。すっかり、お兄ちゃんと仲良しに)

Family trip from Shanghai to Setouchi 瀬戸内 Area.

The father stayed at guesthouse wakabaya in December 2014 too.

(Our son Kotaro 幸太郎 smiles in arms of his new “brother” from Shanghai.)

 

当時、まだこのぐらいの赤ちゃんだった幸太郎を覚えていて、今回、若葉屋に到着するなり、「こどもは大きくなりましたか?」というわけです。

生後2ヶ月だった幸太郎は、今や2歳9ヶ月に。

そして、2014年7月10日のオープンからまだ5ヶ月だったゲストハウス若葉屋は、先週、3周年を迎えました。

He remembered baby Kotaro of that time and asked me “Does your little son grow up well?” at their check-in this time.

Only two-months-old baby Kotaro that time is 2 years and 9 months old now.

And only five-months-old guesthouse wakabaya that time, which opened on 10th July 2014, marked the third anniversary last week.

 

日本国内からはもちろんのこと、こうやって海外からも再び、若葉屋へ来てくださることは、本当に嬉しいことです。

「前回、泊まったときよりも、居心地いいな」と思っていただけるように、3年目の若葉屋も精進してまいります!

It is our great pleasure that some of our guest come back here even from other countries.

Three-years-old guesthouse also continues improvement so that our repeat guest enjoys more comfortable stay than last time.


2017.07.06 Thursday 00:48

FREE FERRY CAMPAIGN

Jumbo Ferry co., Ltd launched a “surprising” campaign.

This ferry connects between Takamatsu 高松 and Kobe 神戸 via Shodoshima Island 小豆島.

Now, they offer “Free Ticket” only for foreign tourists until 31st August 2017!

The only required condition is to post photos of the ferry on SNS.

 

I called to the ferry company to confirm if they really allow me to share such a “too good” campaign to public.

They said, “Yes, please!”

 

You have various ways between Takamatsu 高松 and Kansai 関西 area including Kobe 神戸.

Shinkansen 新幹線 is the most fast one and the Japan Rail Pass can remove fear of its expensive fare, but with boring window view.

Without JR Pass, a Highway Bus can be a good alternative, but on a small seat.

 

How about the Jumbo Ferry?

It takes as long as 4.5 hours however, you’ll enjoy beautiful peaceful sea view and are free to wander around in “Jumbo” ferry.

Moreover, it offers “Free Ticket”!

Why don’t you choose Jumbo Ferry?

 

The necessary boarding list for the camaign is at guesthouse wakabaya.

 

* Sorry, this campaign is only for "foreign" tourists, not for Japanese.


2017.06.28 Wednesday 15:52

空港リムジンバス等の乗車券販売

2017年7月1日より、ゲストハウス若葉屋にて高松空港行きリムジンバスと、一部、路線バスの乗車券を販売いたします。

販売券種は以下のとおりです。

Guesthouse wakabaya begins to sell a ticket of the airport bus and some local buses from 1st July 2017.

 

【高松空港リムジンバス】

瓦町→高松空港 710円

高松築港→高松空港 750円

高松駅→高松空港 760円

 

【Takamatsu Airport Limousine Bus】

Kawaramachi Takamatsu Airport 710JPY

Takamatsu Chikko Takamatsu Airport 710JPY

Takamatsu Station Takamatsu Airport 710JPY

 

【路線バス】

高予備前→瓦町 200円

高予備前→高松築港 240円

高予備前→高松駅 240円

 

【Local Bus】

Takayobimae Kawaramachi 200JPY

Takayobimae Takamatsu Chikko 240JPY

Takayobimae Takamatsu Station 240JPY

 

高予備前は若葉屋から徒歩2分のバス停です。

事前に乗車券を買っておくことで、降車時の支払いに手間取ることがありません。

It takes only two minutes from wakabaya to "Takayobimae" bus stop on foot.

If you buy the bus ticket at wakabaya in advance, you can take a bus without any difficulty.


2017.05.29 Monday 19:37

Sénégalais ñow na!

多くのみなさんがご存知のとおり、私と妻は、青年海外協力隊として2010年から2012年まで、西アフリカはセネガル共和国で暮らしていました。

(2011年1月はこんな日々)

帰国後、2014年にゲストハウス若葉屋をオープンして、今年で3年。

ついに、若葉屋にセネガル人のお客さんが宿泊されました!

セネガル人のご主人と、日本人の奥様と、5歳の娘さん。

As many of you know, I and my wife lived in Senegal in west Africa for two years from 2010 as Japan Overseas Cooperation Volunteers.

(my life there in January 2011)

After retuning back home, I opened guesthouse in 2014 and three yeas have passed since that.

A Senegalese guest stayed at wakabaya at last!

Senegalese husband, Japanese wife and their five-years daughter stayed here for three nights.

 

ご主人は日本滞在がもう10年以上と長く、日本語もぺらぺら。

若葉屋では、ウォロフ語、日本語、フランス語が混在しながらの会話でした。

He has lived in Japan for longer than 10 years, so now he speaks Japanese well.

We communicated in Wolof (Senegalese main local language), Japanese and French.

 

場所は若葉屋の居間なのに、セネガルの方とウォロフ語で会話をしていると、penc(木陰)でataya(濃く煮出したお茶に、信じられないほど大量の砂糖を入れたもの)を囲んでwaxtaan(おしゃべり)していた日常を思い出し、懐かしく思いました。

Though we talked in wakabaya’s living room, a chat in Wolof reminded me my daily “waxtaan” (talk) with “ataya” (strong tea with heavy sugar) at “penc” (under shade of a tree).

 

あのセネガルでの日々がなければ、「地元高松に帰って、ゲストハウスをやってみよう」という発想はありませんでした。

Jëregeen jëf sénégalais. (ありがとう、セネガルのみんな)

Without those days in Senegal, I would not have gotten an idea to open a guesthouse at my hometown.

Jëregeen jëf sénégalais. (Thank you all Senegalese.)

 

 

 

 


2017.05.20 Saturday 17:36

旅のコツ

ゲストハウス若葉屋のウェブサイトに、新しいコンテンツができました。

A new page opened on our official website.

 

旅のコツ http://wakabaya.main.jp/access.html?no=1

Travel Tips http://wakabaya.main.jp/en/access.html?no=1

 

香川、四国を旅する上での、実用的な情報を淡々と提供しています。

おすすめ情報というよりは、案外、知られていない重要情報です。

直島のほとんどのアートサイトが月曜定休とか、うどん屋のほとんどが夜は営業しないとか。

We offer practical but unknown information for travel in Shikoku.

For example...

- Museums in Naoshima close on Monday.

- Most of udon restaurant opens only for lunchtime.

 

どうぞ、ご活用ください。


2017.04.30 Sunday 23:21

ビジュアル系

背中にTONKOTSU RAMENとYATAI。

腰にMENTAIKO(保存料無添加)。

Ramen, food stand and spicy cod roe are on his back, they're local specialities in Fukuoka, Japan.

 

「彼の後ろを自転車で走っていると、お腹がすくの(笑)」

イギリスからのチャリダーカップルです。

博多ラーメンの主張が強い彼の背中ですが、高松での朝食はもちろん、讃岐うどんでした。

“When I ride my bike behind him, his back tempts me.”

They are cyclist couple from England.

Big ramen stands on his back but their breakfast here in Takamatsu was, of course, “sanuki udon”, not ramen.

 

交通法規遵守のため、着ぐるみのいちばん重要な部分、頭をかぶれないのが残念です。

「明日から普通に仕事です。9連休なんて、幻です」と言い残して、リラックマライダーは帰路につきました。

Sadly, he can’t wear the most important part, the head of “Rilakkuma” to obey the regulation of traffic.

The name of “Rilakkuma” is a combination of “relax” + “kuma bear”.

“I have to go back home and work. Long vacation is an illusion for me.”

Rilakkuma rider said and left.


2017.04.22 Saturday 00:51

8/21から育休

サザンカとクマザサを除いて、しばらく枯れ枝の月日が続いていた若葉屋に、若葉の季節がやってきました。

毎年ながら、カサカサになった枯れ枝を見ていると、「本当に春に若葉が出るのだろうか」と心配になるのですが、こうやって、ちゃんと、若葉が出てきてくれます。

よかった、よかった。

The season of fresh leaves has come.

(The meaning of Chinese character “若葉屋wakabaya” is “fresh leaves house”.)

While I see branches with no leave in every winter, I worry that the fresh leaves might not appear again.

Actually, they appeared again like this.

 

さて、2014年7月にゲストハウス若葉屋がオープンし、その3ヶ月後の2014年10月に、長男、幸太郎が生まれました。

若葉屋も幸太郎も3歳になる今年、第二子が生まれる予定です!

それにあわせて、ゲストハウス若葉屋、長期休業いたします。

Guesthouse wakabaya opened July 2014 and three months later of that, our little son Kotaro was born October 2014.

Now, this year, when wakabaya and Kotaro gets three years old together, we’ll welcome a new childbirth!

That’s why we decided to close our guesthouse from 21st August 2017 for a few months.

 

期間

2017年8月21日(月)より数ヶ月間

再オープンの時機は、育児、家事の具合を見ながら検討します。

PERIOD

From 21st August 2017 for a few months

We consider re-opening day depending on our family condition.

 

理由

第二子誕生に伴う、育休

REASON

For a new childbirth and childcare

 

8月20日までは不定休がありながらも、通常営業です。

引き続き、みなさんのお越しをお待ちしております。

We’re opened now as usual and look forward to your stay until 20th August.


2017.04.21 Friday 23:37

モンバス宿泊 先行予約受付

今年もぼちぼち、モンバスの気配を感じる季節となってまいりました。

今年は、過去のモンバスで若葉屋にお泊まりいただいたお客さまを対象に、先行予約受付を行うことにしました。

 

通常予約受付

2017年8月分

2017年5月1日00:00開始

 

先行予約受付

2017年8月18日(金)
2017年8月19日(土)
2017年8月20日(日)

上記3日間のみを対象とし、

2017年4月30日00:00開始

 

詳細は、若葉屋公式ウェブサイトをご覧ください。

 

先行予約受付特設ページ

http://wakabaya.main.jp/monsterbash.html


<<new | 1 / 19pages | old>>
 
OFFICIAL SITE
CONTACT
NEW ENTRY
ARCHIVES
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.