2017.03.18 Saturday 23:27

やっぱり、紙!

 

時刻表は、やっぱり、紙です。

今年も例年どおり、3月に入って、JR四国のダイヤ改正後の時刻表を買ってきました。

この時刻表は、お客さんから質問があればさっと取り出せるよう、居間の本棚にスタンバっております。

I like a paper timetable.

I bought the latest paper timetable this March also as usual.

It is always ready for travelers at wakabaya’s living room.

 

なぜ、紙の時刻表なのか。

もちろん、乗換案内などのウェブツールを使うこともありますが、でも、やっぱり、紙の時刻表が必要なのです。

乗り換えが複雑な大都市圏であれば、ウェブツールの方が便利です。

でも、四国の場合は乗り換えが複雑という問題はありません。

四国で問題になるのは、運行頻度が格段に少ない、ということ。

Why paper?

Although I use a web app for train information also, I need the paper one after all.

In metropolises like Tokyo and Osaka where train network is complicated, web app is more convenient.

But, train network in Shikoku here is never complicated.

The problem here is infrequency of train.

 

「この一本後の列車になると、次は1時間30分後になるのか」

「もし普通列車で行くと、この駅で45分待ちの乗り換えになるのか」

こういった列車の頻度や流れは、紙の時刻表の方が、はるかに見やすいのです。

“If I take next train, I must wait it for an hour and half.”

“If I take a local train not express one, I must transfer it at that station and wait 45 minutes.”

It is definitely easier to recognize such frequency and flow of trains with a paper timetable.

 

昨夜も、紙の時刻表が仕事をしました。

The paper timetable worked well last night too in our living room.


2017.03.13 Monday 23:04

自転車13台

今夜の若葉屋は、全館貸切。

総勢13人、自転車13台です!

若葉屋の駐輪場に、整然と並ぶ姿は圧巻。

かっこいい。

Every rooms and beds in guesthouse wakabaya tonight are reserved by a cyclist-group.

They’re thirteen cyclists with thirteen bicycles!

Cool!

 

2014年7月のオープン以来の記録をさかのぼってみたら、自転車9台グループがこれまでの最多だったので、今夜の13台で記録更新です。

さらに、今夜のチャリダーさんたちは、全員が女性!

今まで若葉屋に宿泊されたチャリダーグループの中では、初めてのことです。

The group with as many as thirteen bicycles is the biggest one since our open in July 2014.

Moreover, they’re all women!

All women cyclist-group is also the first case for us.

 

ちなみに。

バイクだと5台(すべてHarley Davidson)グループが今のところの最多記録です。

By the way, the group with the most motorbike since our open was with five Harley Davidsons.

 

グループでのご宿泊も、お待ちしております。

Guesthouse Wakabaya welcomes group guest too like them.


2017.02.28 Tuesday 00:23

ご結婚おめでとうございます

2月25日は若葉屋をお休みにしまして、家族で結婚披露宴に出席してきました。

披露宴なのに、刺身が大皿に盛られております。

そう、やって来ましたのは、この皿鉢(さわち)料理が有名な、高知です。

座席もよくある円卓ではなくて、ザーッと長い長机に、参列者たちが向かい合い、この皿鉢料理をつつき合うという、高知スタイル。

We attended a wedding ceremony in Kochi.

Kochi local foods and fresh sashimi welcomed us in “Kochi style” with big dishes on so long tables.

 

この、男前なケーキカットを披露してくれている新郎新婦。

なんと、3年前、オープン間もない若葉屋で偶然に出会ったことがきっかけで、夫婦となられたおふたりなんです!

Look at this dynamic cake cut by this happy couple.

Surprisingly, they met for the first time three years ago in guesthouse wakabaya and got married at last!

 

いやあ、こんなことってあるんですね。

日々、偶然の出会い、一期一会の場を提供しているゲストハウス若葉屋から、夫婦が誕生するなんて。

本当に、嬉しいことですよ。

This is the biggest pleasure for a guesthouse owner, isn’t this?

 

おふたりが初めて会われたときにはまだ、生まれていなかった幸太郎も、にっこり、祝福です。

When they met for the first time, Kotaro was still in his mother.

Now, Kotaro also cerebrates their happy wedding with smile.

 

すてきな披露宴で心もお腹もいっぱいになったところで、本日のお宿にチェックイン。

若葉屋オープン前にお世話になって以来、2度目となりますかつおゲストハウスです。

若葉屋jrの幸太郎は、披露宴から持ち帰ったおにぎりを、かつおjrのはじめちゃんと仲良く、分け分けしています。

After the ceremony, we checked in “Katsuo Guesthouse”, where we had stayed before wakabaya’s open.

Wakabaya jr, Kotaro shares his rice ball with Katsuo’s jr, Hajime.

 

かつおゲストハウス Katsuo Guesthouse

http://katuo-gh.com/

 

幸太郎のために用意されたかのような、ハンモック!

この、遊び心がかつおさんの魅力なんですよねー。

This hammock was waiting Kotaro.

Katsuo guesthouse is filled up with these “playful” ideas.

 

翌朝、高知の日曜市へとやってきました。

最近、各地ではやりのおしゃれな「マルシェ」なんてものとは違う。

高知日曜市の歴史と、なんとも言えぬアジア的空気が好きです。

We came the Kochi Sunday Street Market.

This market is never same as new and fashionable marchés in many towns.

Kochi market has long history and Asian atmosphere, we love.

 

市場で買った寿司が朝ごはんです。

うまいね。

Local handmade sushi bought in the market is our breakfast.

 

建築さん、写真さん、ご結婚、本当におめでとうございます!

Mr. Architect and Ms. Photographer, congratulations on your happy marriage!


2017.02.11 Saturday 22:35

麵包超人

麵包

(発音)miànbāo ミアンパオ

(意味)パン

 

超人

(発音)chāorén チャオレン

(意味)スーパーマン

 

麵包超人

(意味)アンパンマン

(補足)作者のやなせたかしは高知県出身

 

若葉屋に宿泊される中華圏からのお客さんの大半が、英語で会話ができます。

しかしそれでも、私が知っておくべき中国語がいくつかあります。

それは、固有名詞。

Most of Chinese-speaking guests can communicate in English, however some Chinese words are necessary for me.

Those are proper nouns such as place names.

 

例えば、中華圏のお客さんに対して、「瓦町」を「Kawaramachi」と発音しても、「ん?どこそれ?」となります。

「ワーティン」と中国語読みしてあげると通じるのです。

For example, when I pronounce “瓦町” as “Kawaramachi” to a Chinese speaker, he can’t recognize it because Japanese and Chinese pronunciations are different even though we write same characters.

So, I pronounce “瓦町” as “Wǎdīng” in Chinese pronounciation.

 

麵包超人も、Anpanmanでは認識されません。

アンパンマンは中華圏でも人気で、家族連れのお客さんからは「麵包超人列車に乗りたい」、「麵包超人弁当を買いたい」という要望がしばしばあります。

なので、私もアンパンマンが「麵包超人 ミアンパオ チャオレン」であることを知っておかなければなりません。

One of the most famous Japanese anime-hero “Anpanman” is also popular in East Asia.

So, it means I need to know his Chinese name too.

Some family guests ask me how to take “Anpanman Train” and how to buy “Anpanman Lunch Box”.

Yes, they are “Miànbāo chāorén train” and “Miànbāo chāorén Lunch Box”.

 

こちらの上海からのお客さんは、高松を拠点にして、小豆島、鳴門・徳島、祖谷・大歩危、倉敷などを旅されました。

もちろん、途中、麵包超人列車にも乗り、麵包超人弁当も買って。

麵包超人列車は本数が少なく、麵包超人弁当は売り切れることが多く、鳴門や祖谷・大歩危は路線バスへの乗り換えがあって、アクセスが難しいところ。

夜な夜な、私とご両親とで、地図や時刻表とにらめっこしながら、翌日に向けての綿密な作戦会議を繰り広げました。

きっと、数か月前からガイドブックやインターネットで情報収集しながら、「ここに行きたいな」、「こんなものを食べたいな」と想像を膨らませ、わくわくして、四国にやってきたはずです。

私たちも旅が好きなので、その気持ちがよく分かるので、お客さんからの要望さえあれば、作戦会議には全力投球で臨んでおります。

This family guest from Shanghai traveled to Shodoshima Island, Naruto & Tokushima, Iya & Oboke and Kurashiki based on Takamatsu here.

Of course, taking on “Miànbāo chāorén train” with “Miànbāo chāorén lunch box”.

This train doesn’t run frequent, the lunch box is sometimes sold out and the accesses to countryside in Shikoku are never convenient.

The parents and I had “meeting” for travel plan every night with maps and timetables.

I guess that they have collected information about Shikoku since several months ago and imagined beautiful nature and taste of food.

I do my best to help travel planning if the guest wants because we also love travel.

 

幸太郎も、掃除をしながら、お客さんをお待ちしております!

Our little son, Kotaro also ready to welcome you with cleaning our house!


2017.01.13 Friday 23:53

iPhoneアダプタを忘れない

この冬は大して、寒くないなと思っていたら、ついに、若葉屋天気予報に雪マーク、登場です。

明日、明後日は四国の平野部でも雪が舞うようです。

It will snow tomorrow and the day after tomorrow even at this warm Takamatsu.

 

昨年の瀬戸芸会期中と打って変わって、こう寒い冬はやはり、旅人も少なくて、穏やかな日々。

連日、幸太郎と風呂に1時間ぐらい、浸かっていられるのも閑散期の贅沢です。

In these clod winter days, our guesthouse spends calm time in contrast to extremely busy days during “Setouchi Art Triennale 2016”.

 

しかし、こういう時季にこそ、各所の点検、改善、情報収集などを進めるのであります。

But, it is time to check and improve our facilities now.

 

BEFORE

ドミトリーのベッドには元々、コンセントが1口しかありませんでした。

そこで、一昨年の秋、4口あるケーブルを付け足しました。

これで、スマホ、パソコン、デジカメなんかも同時に充電できますね!

Two autumns ago, we connected a code with four outlets on sole outlet at each bedside in the dormitory.

As the result, guests got to be able to charge their phone, camera and computer at the same time!

 

AFTER

さすがに4口も使っているお客さんは見たことがなく、多すぎました(笑)。

ケーブルが多くて、棚の上もごちゃごちゃ。

なので、2口に変更。

Four outlets were too many and it looked a little messy.

So, we changed to a code with two outlets.

 

そして、前回の改善によって発生した最大の問題。

それは、iPhone用の充電アダプタの忘れ物が激増したことです。

上の2枚の写真をもう一度、見てみてください。

どちらとも、iPhone用の充電アダプタを付けて撮った写真です。

ケーブルを黒にすることで、取り忘れた白いアダプタが見つけやすくなって、忘れ物が減るのではないか、という算段。

そういうわけで、4口から2口へ、白から黒へ変更です。

The worse problem caused by last “improvement” was a great increase of number of lost iPhone adapter!

Look at the two pictures above.

iPhone adapter is connected to both codes.

My idea is that black outlet makes white iPhone adapter more visible and decrease the number of lost.

So, we changed from four to two and white to black.

 

さて、これでiPhone用アダプタの忘れ物が減るのかどうか、お手並み拝見。

How it works?


2016.12.03 Saturday 23:28

ふたりの冒険

昨日の午前、電話が鳴り、日本語での当日宿泊予約を受けました。

その電話の主は、右側の男性。

フランス人お遍路さんです。

「日本語は学校で習ったのですか?」と訪ねると、違う。

「四国で勉強しました」

「えっ!今日で何日目?」

「40日目ぐらい」

お遍路さんとして、若葉屋で40日目ぐらいというのは平均的です。

しかし、お遍路をしながらの40日間で、電話予約ができるまで日本語を習得というのは早すぎ!

Yesterday morning, a foreign guest reserved our guesthouse by phone call in Japanese.

He was a French pilgrim “ohenro-san”, on right.

I asked him, “Did you learn Japanese in school?”

He said, “No. I learned it here, in Shikoku.”

“How long are you traveling in Shikoku?”

“About 40 days.”

40 days are normal for walking pilgrim from 1st temple to wakabaya, but never normal for Japanese beginner to call and reserve hostel in Japanese!

 

この右側のフランス人お遍路さんが菅笠、白装束、金剛杖を携えている一方、左側の男性。

イギリスからの来日で、ご覧のとおり、交通手段はキックボードです。

キックボードで1,000マイル、つまり1,600kmぐらいを走破するという旅だそうです。

東京からひたすら、このキックボードに乗って地面を蹴り続けています。

高松で約500マイル、半分ぐらいとのこと。

途中、日本アルプスの山道すらも超えてきたと、キックボードで…。

This right French man has pilgrim’s hat, white costume and stick; on the other hand, as you see, the left English man has a kick scooter!

This is his only transport in Japan.

His adventure is to run around in Japan by a kick scooter for 1,00mile, about 1,600km!

He continues kicking ground from Tokyo and even went over Japan Alps by the kick scooter!

 

もう、言葉が出ません。

I’m at a loss for words…


2016.11.27 Sunday 21:45

夜の栗林公園

もう1周間が経ってしまいましたけど。

先週の日曜日に、家族で夜の栗林公園へ行ってきました。

I went to the Ritsurin Garden in night with my family last Sunday.

 

普段の11月は17:00閉園ですが、今の秋のライトアップ期間中に限っては、ご覧のとおり、夜も人びとで賑わっています。

もちろん、うどんも食べられます。

最終入園は20:30。

そして、この秋のライトアップは明日、11月28日(月)までです。

Though the Garden close 17:00 in usual November days, it is crowded with many people in night too only during this autumn light up event.

Last entrance time is 20:30 and this event finish tomorrow, 28th Monday!

 

先週の時点では、まだ緑の葉も残っていて、これが赤く色づいた葉と対照的になり、美しかったです。

At that time, some leaves were still green and they made a beautiful contrast with red leaves.

 

この写真を撮るのにも、人がすごく多くて、苦労したほどの賑わいぶりでした。

讃岐弁、広東語、タイ語、フランス語など、いろんな言語での会話が色づいた木々の下で聞こえました。

We heard many conversations in Takamatsu Japanese, Cantonese, Thai, French and so on under colorful trees.

 

栗林公園

http://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden/


2016.11.23 Wednesday 23:23

遍路宿のバトンパス

今年は瀬戸内国際芸術祭の年だけでなく、お遍路の年でもあります。

2016年はうるう年に当たり、そのうるう年に88番札所大窪寺から逆打ちするとご利益が3倍と言われます。

さらに、2016年は60年に1度の丙申(ひのえさる)の年に当たり、丙申の年はさらに、ご利益がアップするようです。

そういうわけで、とにかく、ご利益がすごいのです。

今年の宿泊履歴を見直してみると、いろんなスタイルでのお遍路、全部含めて55件ものお遍路さん宿泊がありました。

もちろん、去年、一昨年よりも多いです。

2016 is not only the year of the art festival; Setouchi Triennale, but also the year of the “ohenro” pilgrimage because it is said that pilgrimage in this year brings several times more grace than usual.

We also welcome more pilgrim guests, called as "ohenro-san" this year in guesthouse wakabaya.

 

今朝、チェックアウトされたイタリアとフランスからお越しのお二人も、お遍路さんです。

順打ちの歩きお遍路(別格含む)です。

These guests from Italy and France are also ohenro-san and walk all way.

 

2日前に、国分寺周辺の遍路宿のご主人から、若葉屋への電話予約がありました。

そして昨夜は若葉屋で、今後の宿、3軒分の予約電話のお手伝いをしました。

遍路宿は、電話でないと予約ができないところも多く、且つ、英語も通じません。

なのでこうやって、泊まった宿の主人の協力を得ながら、次の宿を確保するのです。

旅をされているのはこのお二人ですが、私たち、宿の主人もまた、宿から宿へとバトンパスをしているような気持ちになりました。

Two days before, the owner of previous ohenro’s inn called me for their reservation.

And last night, I helped them to call to ohenro’s inn for next reservation.

Most of small local ohenro’s inns accept reservation only by phone and don’t speak English.

So, they need inn owner’s help to book next inn.

I felt this is like a long baton pass by ohenro’s inn owners.

 

若「日本でお遍路に挑戦ということは、もちろん、スペインのサンチャゴ巡礼はもう、行かれたのですか?」

男「ああ、もちろん。6回ね」

若「!?」

When they checked out wakabaya, I talked with them.

“You are trying ohenro pilgrimage now. Have you already tried the Camino de Santiago?”

“Yes, of course. Six times.”

 

若「あなたも?」

女「ええ、私もよ。7回ね」

若「!?!?」

“Madame, you too?”

“Yes, I did. Seven times”

 

かなりの健脚お遍路さんです。

ご無事の結願を。

They are really good walkers.

Bon voyage!


2016.11.04 Friday 16:34

さらば、瀬戸芸!

瀬戸芸はまだ今日、明日、明後日も開催中ですが、ゲストハウス若葉屋はひと足お先に、今日から5連休に入ります。

今日からは私がちょっとだけ、旅に出てきます。

Before closing of the Setouchi Triennale 2016, we close our guesthouse for five days for “my” holidays.

 

春会期、夏会期、秋会期と繰り広げられてきた瀬戸内国際芸術祭2016。

昨夜もいつものように、船の時刻表を広げて、お客さんたちと島めぐりの作戦会議をし、今朝もいつものように、6時台からチェックアウト。

満室だったお客さんがどんどん、チェックアウトされていき、10時頃、最後のおひとりがチェックアウト。

いつもなら、朝、全員が出られたといっても、お部屋には連泊のお客さんの荷物が置いてあったり、冷蔵庫にも連泊のお客さんの食べ物があったりしました。

でも、今朝は全員がチェックアウト。

I gave travel tips to our guests with boat timetables last night as usual and checking out started from 6am this morning as usual.

At 10am, the last guest checked out.

If it was usual, even after all guests went out, some of them who stay here for several days leave their belongings in room and fridge.

 

旅人の気配が完全になくなった朝でした。

But, all guests left this morning and wakabaya got completely empty.

 

チェックインもないので、急いで掃除をする必要もなく、布団だけ干したら、自転車で高松港へ行ってみることに。

もう、7時台、8時台の船のラッシュは過ぎていましたが、それでも10:45高松港発 直島経由 豊島行きの高速艇には、多国籍な旅行者たちの行列ができていました。

We don’t have check-in today, so we don’t have to clean the house in a hurry today.

I rode bicycle to Takamatsu Port and found a queue of international tourists for a boat to Naoshima and Teshima, as usual.

 

高松港のすぐ近く、「国境を越えて・海」にて。

青空とコスモスがきれいです。

Beyond the Borders - the Ocean at Takamatsu Port with Setouchi blue sky and cosmos.


2016.11.01 Tuesday 22:14

未踏の高見島へ

瀬戸芸秋会期の真っ只中の日曜日、若葉屋をお休みにして、今度は私たち自身が瀬戸芸へ行ってきました。

We closed our guesthouse during the Setouchi Triennale 2016 and we went to the Triennale.

 

着いた先は高見島。

瀬戸芸の会場となっている島で唯一、未踏の地となっていました。

ついに上陸。

Our destination is Takamijima Island, where we hadn’t been yet.

 

小雨が降ったりやんだりなので、幸太郎はほっかむりでどや顔です。

It was raining a little.

 

高見島は急な坂の多い島。

幸太郎は左手に杖を持って、お母やんを引っ張ります。

右手には、商店で買ったたこの燻製を握りしめて。

We have to walk along very steep slope in Takamijima.

Kotaro’s left hand leads his mom with chipped island octopus in his right hand.

 

覚悟のイロハ <WEB>

幕末に咸臨丸で渡米した、高見島出身の水夫たちをバックに。

約150年前、こんな小さな穏やかな島で過ごした水夫たちは、サンフランシスコをどう見ただろうか。

IROHAs(ABCs) of Preparedness <WEB>

Sailors from Takamajima drawn on big cloth crossed the Pacific for the United States.

What did they see in San Francisco in 150 years ago?

 

先ほどの水夫たちの作品は、旧高見小・中学校で見れます。

This art is available in former school.

 

除虫菊の家 <WEB>

高見島は昔、除虫菊の生産で栄えたそう。

瀬戸芸は単なる現代芸術の祭典ではなくて、その土地の歴史や暮らしを思い起こさせてくれる芸術祭です。

House of Pyrethrum <WEB>

Takamijima flourished as an island of pyrethrum before.

This art festival exhibits not only modern arts but arts which remind us old history and lives existed there.

 

多度津港に帰る最終の船が入港してきます。

高見島のメインとも言える作品、「たゆたう庭 <WEB>」で聞いたところでは、土曜日は400人以上、平日でも150人は来場があるそう。

一方、この島の住民はわずか40人ほど。

大勢の観光客と一緒にこの最終フェリーに乗り、高見島を振り返ると、島はもうほぼ、真っ暗でした。

The last ferry for Tadotsu is coming to Takamijima.

A staff at Floating Garden <WEB> told me that more than 400 tourists visit there on Saturday and more than 150 visit even on weekdays, while population in the island is only 40.

When I looked back Takamijima Island from the last ferry, it was already dark with few lights.


<<new | 2 / 19pages | old>>
 
OFFICIAL SITE
CONTACT
NEW ENTRY
ARCHIVES
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.